YouTubeアドセンスは海外向けのほうが儲かる!Gyaku Tube

今すぐ内容を確認する

YouTubeの視聴者は世界中で10億人以上と言われています。

そのうち、日本国内の視聴者数は4000万人強となっており、圧倒的に海外
ユーザーが多いことがわかります。

このため、YouTubeアドセンスで収入を得ようと思った場合には日本国内
のユーザーをターゲットにするのではなく、全世界の10億人のユーザーを
相手にしたほうが稼ぎやすい
ことは明らかです。

しかし、日本国内のユーザーを相手に動画を作成する際には、どのような
動画が受けるのか、リサーチや予想がつきやすいのに対し、海外ユーザー
については、言語的・文化的などの違いがわかりづらい部分もある
のでは
ないでしょうか。

そこで、小西和夫さんが海外のYouTubeユーザーを相手にして動画を作成
して、効率よくYouTubeアドセンスで稼ぐためのノウハウをマニュアルに
まとめました。

それが「Gyaku Tube」です。

YouTuberのように顔出しや声出しは一切必要ありません。
カメラやマイクを購入しなくても稼ぐことは可能です。
外国語がわからなくても翻訳ツールを使いますから安心です。

同じように動画を作成しても、再生回数が1000倍を超えることは珍しく
ありません。

日本人向けに作成した動画では再生回数が3桁でしかなかったものでも、
海外向けに作成し直すだけでも6桁を超えることは珍しくありませんので
YouTubeアドセンス報酬が一気に増えるわけです。

小西さんも「1動画1万円」は可能だと指摘しており、これまでに数多く
の実績が証明しています。

動画を作成するのに1時間もかかりませんので、非常に効率が良いことが
わかるのではないでしょうか。

過去にアカウントを凍結された経験があっても、新たにアカウントを取得
する方法も説明していますので安心です。

【続く】

このページの先頭へ