集客がボトルネック?Clock Work System

今すぐ内容を確認する

Clock Work System」は、ウィキペディアやニコニコ大百科、ピクシブ
百科事典のようなオンライン上で誰でも更新・修正ができるwikiの仕組みを
用いて稼ぐという手法です。

この「Clock Work System」を用いた稼ぎ方としては、

  • アドセンスなどのクリック報酬
  • 物販アフィリエイト
  • 情報商材アフィリエイト
  • ネット通販/ドロップシッピング
  • バナー等のスペース提供による広告収入
  • ウィキペディアでおなじみの寄付依頼(笑)

などがあげられますが、まずはアクセスが集まる状況を作り出さない事には
稼ぐことは出来ません。

試しにwikiを立ち上げたのはいいけれど、閑古鳥が鳴くばかりでアクセスが
集まらなかったからやめたほうがいいなどと指摘をする人がいますが、内容
だけでなく集客する仕組みが不十分だったことが原因
です。

アクセスが増えてくれば、他人が勝手にコンテンツを増やしてくれるように
なりますので、後はトラブルになりそうな書き込みを消すなどの必要最小限
のメンテナンスだけで済みますし、自分でするのが面倒であればアルバイト
や外注に作業を代行させればいい話です。

あまりにもマイナーな内容のwikiを立ち上げた所で集客すら期待できないの
は当然ですし、ライバルが大量にいるジャンルで後発組が下克上を狙うのは
先発組と比べると不利だと言われますが、立ち上げと集客をしっかりと行う
ことで可能ですが、特に未経験者・初心者にとってハードルは高いと言える
でしょう。

そこで、「Clock Work System」ではネックになりやすい集客に関しては、
アンテナサイトで手間を掛けずに行えるように工夫されています。

Wikiとアンテナサイトを組み合わせることで相乗効果が得られます。

【続く】

このページの先頭へ