検索エンジンに振り回されないSEO対策「アンビシャスカード」

abmitiou

>>公開は終了しました<<

ペンギンアップデートとパンダアップデートの導入で痛い目にあった人が
多いのではないでしょうか。

被リンク頼みで、貧相なコンテンツを無理やり上位に表示させていた人に
とっては、次々とアクセス数が減少する状況を呆然と見守るしかなかった
のではないでしょうか?

アフィリエイターであれば、次々とアクセスが減少して報酬が激減すると
いう状況は、それ以前が稼げていた人ほど、耐えられないものではないで
しょうか。

その結果、被リンクによる外的SEOは一切やめて内的SEOのみ特化すれば
いい
という人まで出る状況です。

言うまでもなく誤りです。

ペンギンアップデートとパンダアップデートの導入に伴って、被リンクが
全て否定されたわけではなく、有効な扱いを受ける被リンクの数が減った
と考えるほうが適切でしょう。

自作自演のサテライト群などを作りこんでいたりすると、まとめて無効化
されてしまったというケースも増えている
といいます。

それでは、現在も今後も有効だと思われる被リンクとしては、どのような
ものがあてはまるのでしょうか?

確実に生き残ると思われるのが、Yahooディレクトリなどといった著名な
ディレクトリ型検索サイトです。

Yahooディレクトリに登録されているサイトには一定の価値があることが
知られていますし、一度登録されても削除される可能性があるということ
で、googleからも高く評価されています。

次に、注目されているのがソーシャルブックマークとRSSリーダーです。

Yahoo!ブックマークや「はてな」などが有名ですが、外国にはSEOに高い
効果が期待できるソーシャルブックマークが存在しています。

これらのソーシャルブックマークやRSSリーダーに登録するだけで、検索
上位を達成できるというケースが少なくありませんから驚くでしょう。

このページの先頭へ