使える記事を量産!共起語文章作成ソフト@Cワード

今すぐ内容を確認する

内的SEOで重要視される要素の一つが「共起語」です。

辞書的には、

共起(きょうき)は、ある単語がある文章中に出た時に、その文章中に
別の限られた単語が頻繁に出現すること。

という意味になっています。

わかりやすく言えば、「はしをあるく」という言葉があった場合に、それが
「橋を歩く」と「端を歩く」のどちらなのか、この文章だけで判断するのは
不可能です。

「はしをあるく」の前後にある文章を読んで、どちらの意味のほうが正しい
のかを判断
するわけですが、その際の参考になるのが「共起語」なのです。

「狭い道路で車がひっきりなしに走っている」ので「はしをあるく」という
場合には「端を歩く」でしょうし、「しまなみ海道に来たので本州から四国
まで歩く」のであれば「端を歩く」の可能性もあるかもしれませんが「橋を
歩く」のほうが可能性が高いでしょうね。

このように、共起語が多い文章のほうが検索エンジンが文章の内容を正確に
理解する手助けとなることから、文意を正確に理解できるようになり、従来
のSEOのように、特定のキーワードだけを強調するより上位表示されやすく
なる
というわけです。

しかし、適当に書いていても、それなりにはできているものですが、共起語
を意識して文章を作成するというのは意外に難しく、短時間で大量に作成を
するともなると、ライティングに慣れているライターさんでも困るケースが
意外に多い
ものです。

そこで役立つのが「共起語文章作成ソフト@Cワード」です。

検索結果で狙いたいキーワードのリストと出現回数をセットして、「共起語
文章生成
」をクリックすると、自動的に文章を生成します。

文章中の文字数は自由に選べますし、1回の処理でに大量の文章を生成する
ことも可能です。

生成された文章は人間が読むと違和感を感じることも少なくありませんが、
検索エンジン相手であれば全く問題ないレベルですし、何とかアップデート
で品質の低い文章はペナルティを与えると散々指摘していますが、今までに
インデックスが削除されたり、手動ペナルティを課せられたといった影響を
受けたことはありませんでした。

「Cワード」の利用者同士で全く同じ文章ができないのかと心配しているか
もしれませんが、全く同じキーワードと出現回数を選ぶことはまず考えられ
ませんし、わざと同じキーワード構成・出現回数で文章を生成した場合でも
つながった文章を何パターンも用意しており、文節ごとに組み替えて1つ
の文章を生成する「組み換え方式」を採用していることから、全く同じ文章
になる可能性は極めて低いです。

【続く】

このページの先頭へ