SEOに特化したために低価格!キーワードスカウターS

今すぐ内容を確認する

サイト/ブログアフィリで稼ぎたい!
と思っても、一昔前までのように、日記を書いてアフィリリンクをつければ
誰でも簡単に稼げた時代はとっくに終わっています。

また、元政府機関などの高品質な中古ドメインをかき集めてきて被リンクを
送れば、記事の質が低かろうが上位表示できるといった時期もありましたし
中古ドメインでWebサイトを作成しただけで1位になることもありましたが、
現在でも通用する部分はあるとしても、かつてのような絶対的な強さという
ものはなくなりました。

それだったら、読者が役立つオリジナル記事を作成する「コンテンツSEO
に取り組めばいいというのが現在の風潮ですが、ホワイトハットでコツコツ
と記事を増やしてアクセスを増やしても、手動ペナルティを課されるケース
は従来からありましたし、ペナルティを解除できず検索結果に表示されない
状況のまま消え去ったアフィリサイト
は意外に多いものです。

トップアフィリエイターであれば、完全ホワイトハットで取り組んでいても
一度は経験しているといいますから、自分はスパムチックなことは全く実践
していないからと思って安心していると痛い目にあう可能性があります。

それに追い打ちをかけるのが「YMYLアップデート」や「健康アップデート」
などと呼ばれている自動ペナルティです。

2017年12月に行われたのは医療・健康分野に特化したアップデートだった
ことから「健康アップデート」と呼ぶ人もいますが、YMYLでは金銭や生活
に関するコンテンツの質を重要視する姿勢は変わりませんので、健康以外
の分野でも自動ペナルティロジックが採用される可能性
が考えられます。

しかし、ペナルティを課されてもインデックスが消えなければ、ライバルが
いなければ順位が落ちようがありませんので、上位を維持できる
わけです。

ライバルが少なく検索回数が多いために上位表示が行いやすいキーワードの
ことを「お宝キーワード」と呼んでいますが、それに加えてライバルが全く
存在しない「ブルーオーシャンキーワード」も狙い目です。

このお宝キーワードやブルーオーシャンキーワードを見つけるツールとして
Pandora2がありますが、リスティング広告向けの機能も搭載されていること
から、検索エンジンからの集客だけを考えた場合には不要な機能です。

そこで、検索エンジン向けの機能に絞り込んだ分だけ、思い切った低価格で
提供されているキーワードツールが「キーワードスカウターS」です。

【続く】

このページの先頭へ