ベンチャー企業の脱税しない節税ノウハウ「ベンチャーサポートクラブ」

vs

>>公開は終了しました<<

毎年のように騒がせる話題が「脱税」や「申告漏れ」といった税金関連の
話題です。

確信犯として脱税しているケースでは当事者や関係者が逮捕されることも
珍しくありませんが、現実に多いのは、税務署や国税庁との見解の相違に
よって合法とも違法とも判断できるグレーゾーンでの話
です。

これらの「申告漏れ」については、税務署の裁量によって決められること
も少なくありませんので、あまりにも理不尽なケースでは納税者が裁判に
訴えて、税務署の判断が誤りだという判断を下されるケースもあります。

しかし、判決が出るまでは、「脱税企業」などといった風評被害に苦しめ
られることも珍しくありませんので、特に企業の場合には、どこまで踏み
込むかは経営判断だと言ってもいいでしょう。

その一方、個人で確定申告を行うケースでは、何かにつけて限られている
こともあって、個人事業において見解の相違が起こる場合はありますが、
税務署の担当者に押し込められるケースが殆んどです。

大企業であれば人材も豊富ですが、ベンチャー企業などでは税務に詳しい
人材が揃っているとは限りません。

経営に関する数字の見方などは分かっていても、納税ともなると不十分な
知識しか持っていない経営者も多いのです。

あなたも、そのうちの一人かもしれないですね。

そこで、税理士に納税関連の書類作成を依頼することが多いと思いますが
税理士の多くは合法的であることを最優先することもあって、節税という
観点は二の次になるケースが少なくありません。

税理士と顧問契約を結んで経営診断を受けていても、節税まで踏み込んだ
指摘をしてくれることは少ないようです。

そこで、IT関連の顧客が多いベンチャーサポート税理士法人で、税理士と
して働いている中村真一郎さんが、ベンチャーサポート税理士法人で蓄積
した節税ノウハウを、マニュアルにまとめました。

それが、ベンチャーサポートクラブです。

ベンチャーサポートクラブでは節税ノウハウをまとめたマニュアルを提供
して終わりというのではなく、税務相談を無料で受けられたり、さまざま
な特典がついてくる会員制クラブといえる内容です。

このページの先頭へ