飽和が心配?ヨコどリッチ転売

今すぐ内容を確認する

転売ビジネスにおいて、利益を出すためのポイントの一つがリサーチです。

転売益が少ない商品を仕入れても、得られる利益はわずかですし、少しでも
売れ残りが出て不良在庫になってしまうと、この数少ない利益が吹き飛んで
損失になるだけです。

そこで、この転売するためのリサーチを全くしなくても済むような仕掛けを
用意したのが、倉庫運営者の山下慎一郎さんです。

山下さんのもとには、全国各地の卸問屋やメーカーからの在庫商品が次々と
集まってきますので、これらをヤフオクやメルカリ、amazonなどに出品を
することで、面白いように稼げる
というわけです。

この仕組みをパッケージ化したのが「ヨコどリッチ転売」です。

そんな売れることがわかっている商品であれば、山下さんの倉庫に送ること
はせずに、卸問屋やメーカーが直接売りさばくからありえない話だと思った
かもしれませんが、小売業者との付き合いもあるために、表立って直接販売
ができないメーカーや問屋は少なくありません。

このため、山下さんのような倉庫業者に持ち込んで処分するという仕組みは
従来からありました
が、そこからディスカウントストアなどに商品を流すか
今回の「ヨコどリッチ転売」のように転売向けに回すかという違いであって
大勢としては、それほど変わらないのです。

ヨコどリッチ転売では、一般的な転売であれば代行業者や外注を雇わないと
不可能な在庫管理・商品発送を全て代行してくれます。

店舗などに仕入れに行く必要はありません。
山下さんの倉庫に次々と新たな商品が追加されますし、毎月のように500
1000と調達されますので、ヨコどリッチ転売の実践者同士で飽和する心配
はありません。

あなたはamazonやヤフオク、フリマアプリなどに出品して購入者が現れる
のを待つだけです。

購入された商品は、山下さんの倉庫から直送されますので、梱包や発送など
の手間と時間がかかる作業も不要になります。

【続く】

このページの先頭へ