アフィリツールを使う側から作る側に!「プログラマー学校」

pschool

>>公開は終了しました<<

アフィリエイト向けのツールを使っていて、この部分を改良すれば、今より
使いやすくなるのにと思ったことはありませんか?

開発元に改善要望を出しても、予定がないとか、検討してみますと言われて
放置されたという経験をした人もいるでしょう。

その上、販売終了に伴ってサポートやソフトウェアの改修も終了されたので
仕様変更などには対応してもらえずに、使えないソフトになって廃棄したと
いうケースもあるかもしれません。

自分でプログラムを作れたら、自分で不要だと判断するまで使い続けられる
だろうし、ツールとして売れば稼げると思ったこともありませんか?

しかし、プログラミングをマスターするのも一苦労でしょうし、途中で挫折
する人は、非常に多いのです。

一般的なプログラミング言語を覚えた上でツールの作成というと、二度手間
ですし、必要のないことまで身につけることにもなりかねません。

そこで、アフィリやせどりなどのツール作成に必要な知識を身につけるのが
オンラインスクールのプログラマー学校です。

業界最安値で、ツール作成のための知識やノウハウを身につけることが可能
になります。

プログラマー学校の特徴は、単にツールを作成するという点におさまらない
点です。

自己満足のツールを販売したところで、売れるとは限りません。

ベストセラーツールを目指すのであれば、多くの利用者のニーズにあうよう
にしたほうが有利です。

誰もが使いたいと思うようなツールを販売すれば、自然と売れ行きが伸びる
わけですから、当たり前すぎる話かもしれません。

また、更に売れ行きを伸ばそうと思えば、販売方法にも一工夫が必要です。

公開しました、買ってください

では、注目されることもなく消えて行くだけです。

もちろん、大々的に広告・宣伝を行っても、実際にツールの出来が悪ければ
一時的に売れるかもしれませんが、その後、クレームが増えて、悪評だけが
残るといった結果にもなりかねません。

ツールを複数販売しようと思っていると、一度たった悪評は簡単には消えま
せんので、2作目以降は全く売れないということになるわけです。

つまり、不良品をマーケティングだけで売り込もうとしても、無残な結果に
しかならないのですが、優秀なツールでもマーケティングしなければ、全く
売れないケースも珍しくありません。

このページの先頭へ