ディレクトリ型ポータルに登録してSEO対策ができる!プラトンディレクトリ

praton

>>公開は終了しました<<

ペンギンアップデートの導入に伴い、自作自演のSEOが淘汰されようとして
います。

もちろん、現時点では全てを除去できているわけではありませんが、以前は
手作業で行なっていたペナルティが、自動的に課されるようにする仕組みが
導入されたわけですから、あとは時間の問題だと言えるでしょう。

サテライトを作ってターゲットのサイトに被リンクを送るという、一昔前で
あれば「常識的」で「定番」のSEO対策がかえって逆効果になるという状況
にもなりかねません。

だからこそ、被リンク頼みの外的SEOよりも、コンテンツやサイトデザイン
などによる内的SEOの方が効果が高いと言われるようになったのです。

しかし、ここで勘違いしている人が多いのは、内的SEOの重要性が増したと
いう話を聞いて、外的SEOは一切不要だと誤解している点です。

google自身も被リンクの有効性は否定していません。

自作自演のわざとらしい被リンク構造だったり、被リンクをお金を出して
買ったり借りることに対して、ペナルティを与えると言っているだけの話
なのです。

つまり、そうではないリンクに対しては、今まで通りに評価をするという
わけですから、外的SEO自体が不要だと言っているわけではありません。

それでは、どのような被リンクであれば評価をされるのでしょうか?

一言で言えばペナルティを課されない被リンクであり、リンク元の権威が
高いほど、高評価を受けます。

Yahoo!ディレクトリや有名なポータルサイト、インフルエンサーが運営
しているブログやWebサイトなどが代表例でしょう。

「はてなブックマーク」される数が急増したり、ツイート数が増えても、
高評価をされる場合が少なくありません。

このページの先頭へ