あなたが商談に失敗して営業成績が伸びない秘密がわかる「営業革命」

eigyoukakumei

>>公開は終了しました<<

商談やセールスで全く成約しない

といった悩みを抱えていませんか?

なんとかアポを取って、熱心に説明したのにもかかわらず、お客さんの
反応は悪く、そのまま終わる
といった状況ではないでしょうか?

その後、フォローをかけてみても、状況が改善する気配もなく、当然の
ことながら成約しないまま時間だけが流れているかもしれません。

「誠意や努力がたりないから、成約しないんだ」と言われて説教される
日々が続いているかもしれないですね。

しかし、誠意や努力だけでは、商談はまとまりません。

接待漬けにして、お客さんと仲良くなればと思っていても、法人相手で
あれば意味があるかもしれませんが、個人相手には通用しません。

訪問営業や飛び込み営業では、接待なんてできるわけがないからです。

お金も重要ですが、単にダンピングしただけでは、商談がまとまること
はないでしょう。

大企業相手であれば戦略的に値引きをする場合があったとしても、零細
企業や個人が相手では値引きさえ出来ないことも珍しくありません。

しっかりとしたクロージングができるかどうかで、大きな差が生まれる
というのは、営業のカリスマとして知られる吉野真由美さんです。

決して安くない商品を販売しているわけですから、即決で商談が決まる
という可能性は、ほとんどないでしょう。

いろいろと言われて、結局は断られるのではないでしょうか。

その時に、徹底したクロージングが出来るかどうかで、営業成績は天と
地との差が生まれると吉野さんはいいます。

いくら営業経験だけを増やしたところで、クロージングをしなければ、
失敗経験ばかりが増えてしまい、どんどん落ち込んでいくだけです。

クロージングの技術をきちんと確立することが「売れる営業への近道」
といえるのです。

このページの先頭へ