ブラック企業では効果薄!30日で職場いじめを撃退する方法

30ijime

>>公開は終了しました<<

一般的な企業で起こる職場いじめと、ブラック企業で行われる職場いじめ
では質や目的がまったく異なると言います。

一般企業で起こる職場いじめの場合、学校でのいじめと同様にきっかけが
あり自然発生的に起こることが一般的です。

その職場いじめのきっかけを解消したり、人間関係のトラブルを解消する
ことによって、自然と消滅していくというわけです。

その一方、ブラック企業で行われる職場いじめの場合は、対象者を退職に
追い込みたいとか、職場いじめでノイローゼ状態に追い込むことによって
勤務態度不良にして解雇したり、経営者の思い通りに操りたいという目的
が存在します。

このため、職場いじめ自体がなくなるわけもなく、経営者自身が意図的に
対象者を作り上げて組織的に追い込んでいくことも珍しくありません。

対象者は解雇されたり、退職強要、場合によっては自殺することもあるの
ですが、学校でのいじめとは異なり大人の話だからということで、解決が
される気配は見られません。

30日で職場いじめを撃退する方法は、経営者や管理職が目的を持って行う
職場いじめには効果を発揮しません。

むしろ、自然発生的に起こった職場いじめを解決するために役立つ教材
考えたほうが適切です。

せいぜい、ブラック企業に勤めたことを後悔して、転職活動に力を入れる
ぐらいしか対策はないでしょう。

このようなブラック企業は倒産でもしない限り気が付かないものですが、
人件費を最大限削りこんで割安な価格で競争力もあることから、対外的に
「優良企業」となっていることも多く、経営者がやりたい放題という一面
もあります。

このページの先頭へ