1日30分の新品仕入れで月15万円以上稼げる!オタクせどり

otasedori

>>公開は終了しました<<

せどりに対して、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

  • 手間暇がかかる割には儲からない
  • ライバルが多い
  • これから参入するのは無謀
  • ライバルがいない分野は専門知識が必要で難しい

といった具合に、いろいろな意見が出てきたかもしれません。

一般的に、「せどり」で連想されるのが「古本の転売」だと思います。

ブックオフや古本市場、ブックマーケットやエンターキング、bookmartと
いった全国チェーンの古書店や、個人経営や零細規模の古本屋、ネット上の
古書販売サイトやオークションなどで仕入れて転売するという流れです。

古本の相場は調べればわかりますので、在庫さえあれば、利益の大きな本を
手に入れればいいという分かりやすさが「せどり」人気を高めました。

その結果、参入者が数多く現れるようになって、仕入れ競争が激化している
というのが現状です。

古本を仕入れられなければ転売して稼ぐこともできませんし、古本が無限に
あるわけでもありませんから、限られた在庫をめぐって激しい争奪戦が繰り
広げられているというわけです。

そこで、誰もが参入しやすい古本以外の物品を転売すれば、競争相手が減る
のではないかということで、いろいろな商品でせどりを行なう人が増えた

です。

オタクせどりとは、商品価値があり、希少価値がある商品の転売です。

オタクというと、アニメやゲームのマニアを連想する人が多いと思いますが
幅を広げて、マニア系全般に当てはまる概念として考えています。

オタクせどりは、従来の古本のせどりなどと比べて、どのようなメリットが
あるのでしょうか?

このページの先頭へ