ばれないと思っていたら大間違い!せどりに特化した税金セミナー

sedoritax

今すぐ内容を確認する

せどりの稼ぎを確定申告するなんて、むだに税金の支払を増やすだけだし
小遣い稼ぎ程度で税務署が動くわけがないから、無視をしても問題ないと
思っていませんか?

もちろん、せどりの儲けが年間20万円以内であれば、確定申告しなくても
全く問題ありませんし、合法です。
(住民税の申告は必要ですが、自治体によって対応は異なります)

落札価格から各種手数料や仕入れ価格を差し引いた利益が20万円を超える
人が確定申告の対象となります。
例えば、売上が20万円を超えていても、経費が30万円程度かかっていれば
利益がマイナスなので確定申告は不要となります。

心配しなければいけないのは、1年間で20万円以上稼いだ人です。

確定申告しなくても、せどりの取引を税務署がいちいち把握できるわけが
ないから、放っておいてもバレない
と思っていませんか?

フリマなどに出店して、手渡しでの取引しか行なっていないという場合は
証拠が残りませんから、税務署も追跡のしようがありませんので、比較的
ばれないと言われています。

しかし、せどりを大規模に行なうのに、フリマの出店とか露店のみで売る
ことは考えにくいですよね。

ネットオークションやamazonマーケットプレイス等を使うことが多いと
思いますが、取引の際に金銭のやり取りに銀行や郵貯の口座を使っていま
せんか?

マルサや税務署は、銀行口座の入出金履歴だったり、ネットオークション
業者の取引記録から、せどりの実態を明らかにしていくのです。

税務調査に関しては、刑事捜査などと同様に個人情報保護法の適用範囲外
ですから、無断で銀行口座の中身を見るなんてプライバシーの侵害などと
言っても一切通用しません。

これが嫌なら、ヤフオクなどを使わず、取引は定額小為替などに一本化を
するという手口がありますが、あまりにも不便すぎますよね。

そこで、きちんと確定申告を行なって納税したほうが、後々面倒なことに
ならずに済むというものです。

しかし、税金は安くはないですよね。
支払うのがバカバカしく感じることも多いのではないでしょうか。

そこで役立つのが、合法的に設定的に節税するための「せどりに特化した
税金セミナー
」です。

あなたの自宅で、いつでもオンラインで受講できるセミナーです。

【続く】

このページの先頭へ