看護学生の「寝れない」「きつい」「つらい」を解消!Student Nurse Fellow2

kango

>>公開は終了しました<<

看護学生は多忙で、睡眠時間を確保するのも難しいというのが常識になって
います。

日中は看護実習や授業でぎっちりと埋まっているし、それが終われば大量の
レポートを作成する必要があることから、どれだけ時間があっても足りない
といった日々を送っていませんか?

もちろん、看護師になって医療機関に勤務するようになれば、人命が関わる
ケースも出てくるわけですから、多忙で睡眠時間が十分確保できない場合で
あっても、期待された役割を果たさなければいけません。

看護学生は、そのための練習期間であり、最低限の基準を満たさないような
看護学生を卒業させずに排除するという、看護師免許を付与するための実務
試験が課せられているようなもの
だといえるかもしれません。

実際に耐えられなくなって中退したり、精神的にダウンして休学してしまう
看護学生も毎年のように出ています。

正看護婦・看護士・看護師免許を持っているナースの皆さんは、このような
看護学生時代の試練に打ち勝ってきたわけですね。

とはいえ、プライベートな時間が全く確保できないことに疲れ果ててしまう
ことは、看護学生といっても人間ですから、一度や二度はあるでしょう。

考えてはいけないとは思いつつも、建前論だけでは生きていけないのは人間
ですから、仕方がない面もあるかもしれません。

そこで、「寝れない」「つらい」「きつい」 といった、看護学生を苦しめる
3大問題点を根本的に解決するために、看護学校に通う学生を対象にモニター
テストと改良を半年間かけて重ねたのがStudent Nurse Fellow2です。

患者さんだけでなく、看護学生としてのQOLを向上して、体調不良や精神的
な負担に苦しめられずに、着実に前進するためのノウハウ集です。

机上の空論ではなく、今日から使える即効性の高いものばかりです。

できるところから次々と取り込んでいくことで、今よりも効率よく看護学生
の生活を送れるようになっていきます。

効率化の手段・ノウハウは、知識とは別物です。

医学知識などのように知らなくても、致命傷になるわけではありませんが、
生活の知恵などのように知っていたほうが作業時間を減らして楽になるだけ
でなく、品質も高まるといったことがありますよね。

Student Nurse Fellow2では、「おふくろの知恵」のような存在です。

堅苦しくなく気軽に読み進めて行けますので、睡眠不足でぼんやりと疲れた
頭でも理解しやすいのではないでしょうか。

このページの先頭へ